通勤距離 ≠ 億劫

お知らせ

 

2020年1月が
あっという間に終わろうとしています

 

さて、私にとって昨年の一大イベントは
the HOUSE 山口ギャラリーの移転でした

 

新しい場所で
いろいろ模索しながら
毎日を楽しく過ごさせていただいています

 

 

 

 

 

 

自宅から、新しい事務所までは
元の事務所より少し遠くなり
通勤距離は、約2倍に。

 

移転前は、その「2倍」を
ちょっと億劫に考えていましたが…

 

移転して半年、感じることは

 

「元の通勤より、なんだか心地よい」
「通勤が、なんだか楽しい」

 

ということです。

 

 

最初はなぜそう感じるのか
不思議でしたが

 

夏・秋・冬の季節を経て
気がつきました。

 

 

理由は「太陽の向き」

 

 

出勤のとき

 

以前は、運転席側に太陽がありました
今は、助手席側に太陽があります

 

つまり
直射日光を浴びながらの10分と
直射日光を浴びない20分

 

私にとっての通勤の「億劫」は
距離ではなく「快適さ」だったのです

 

今思うと
真夏は特に、その違いが歴然でした

 

 

 

住まいにも同じことが言えます

 

とにかく明るく
太陽の光がたくさん入る南側に
大きな窓をとること、ではなく

 

快適な太陽との接し方が
あるのだと思います

 

 

皆さんは、どんな陽射しに
心地よさを感じますか?

 

それはきっと、家づくりのヒントに
繋がっているような気がします

 

 

山崎