体験型モデルハウス見学

住まいは、自分をデザインする場所に

お知らせ

気持ちを整える住まい

自宅と会社の往復、カーテンを閉め切った生活。外の空気を思いきり吸って、深呼吸はできていますか?
気軽に外出したり、人と会ったり、食事をしたり、リフレッシュの場所が見つけにくくなってしまった今、自分の気持ちをデザインできるかは自分自身にかかっています。

特に時間を過ごすことの多くなった「住まい」。これまで求められてきた利便性・快適性と並んで、これからの住まいには 自分の気持ちを整える「リフレッシュ」の空間 や 空気感 も加えていけたら…。
環境に左右されにくい、穏やかさや心の豊かさを持つことができるのではないでしょうか。

整え方、は人それぞれ

家づくりにあたって、大切にされている価値観は皆さん異なります。性能重視・コスト重視、デザインや人と違うことに価値を持たれていたり、コスパやバランスということも。それと同じように、気持ちの整え方やリフレッシュの感じ方も、人それぞれあって当然です。

ぼーっと空を眺める、自然にふれる、凝ったお料理を作ってみたり、車やバイクを手入れしたり。ホテルのように生活感のない洗練されたインテリアの中で暮らすことがリフレッシュになる人もいますし、人と集まることが何よりも楽しみという人もいることでしょう。

だからこそ、私たちが考えなくてはいけない とても大切なこと は、

「家があって良かったな」
「早く家に帰りたい」
「明日から、またがんばろう」

そんな風に 気持ちを整える場所 と感じていただけるような それぞれに合った 空間や空気感 を見出して、豊かな気持ちをご提案すること だと思っています。

日本人には、バカンスが足りない?

世の中がざわざわとし始めた2020年の春頃に知った vacances という言葉の本当の意味。「人間が健康に生きていくために必要なもの」それは 自分を整えるための休暇(=vacances)という価値観が、フランスにはあります。しっかりと働くことも、しっかりと休むことも、どちらも重要で、自分を大切にしながら自分を整え日々を過ごしていく、そんな素敵な価値観です。

勤勉でまじめな日本の風土。どこか仕事や家事が最優先で、自分のことを後回しにしてしまいがちですが、住まいづくりを通して、自分たちがワクワクしたり、気持ちが整う習慣を、一緒に探していけたらこんなに嬉しいことはありません。

体感して分かること

the HOUSE の家づくりは、皆さんと住まいを一緒に考えていく「注文住宅」と、心を豊かにする vacances のコンセプトをコスパよく住まいにとり込んだ「企画住宅」があります。最初は、自分にとって何が適しているのか、どんな住まいがいいのか、分からなくて当然です。今までの暮らしの中に、目指す新しい住まいのヒントが沢山あります。そして、今まで経験したことのない暮らしの中に、新しい価値観の住まいのヒントもあります。それを少しずつ体験して感じ取りながら、一緒に考えていきましょう。

どんな住まいづくりでも、どんな価値観でも間違いはありません。最終目標は「この家にして良かったな」と思ってもらうこと。the HOUSE の住まいづくりは、本当に住人十色。色々な価値観を、まずは体感していただきたいと思っています。

the HOUSE を知っていただく場所

こういった時代です。完成したお家に不特定多数のお客様をご案内する見学会(家展)は、色々な角度から考え、現在は行っておりません。
少しでも気兼ねなくお越しいただけるよう、企画住宅「vacances モデルハウス」を 山口市内 に、また、家づくりのご相談をお受けできるオフィスを 光市・周南市・山口市小郡 に設けております。まずは the HOUSE がどんな家づくりをしている会社か、どんなスタッフが働いているのか、知っていただけると嬉しいです。